BRN

<< 栃木SC戦 | main | チラシの告知 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
マリーシア
 93年にJリーグが開幕してしばらく経つと、盛んに「日本のサッカーにはマリーシアが足りない。」
と言われるようになった。だから日本は強くなれない。もっとずる賢く立ち振りまわなければならないと。

それは結構選手もサポーターも気にしていて、90年代後半のJリーグではマリーシアは大きなテーマの一つだった思う。

前園がアトランタオリンピック予選で、時間稼ぎの為にコーナーキックで足を滑らせて足を痛めたフリなんかしていて、今から思うとコントみたいなことを真剣にやっていた。
俺だってあれが演技だったという本人のコメントを聞いて「よくやった!」って思ったし。

でも、結局それは南米の文化で、日本の文化とは違う。それにそれが絶対的な世界基準じゃないし例えばイングランドでも多分容認されないと思う。世界中でそれぞれの価値観でサッカーをやってんだよね。

でもさ、サッカーの神様とか、セレソンのカピタンから言われたらそりゃそうですか!ってなるよな。
ボスマン裁定以降と日本の経済状況もあわせて、世界トップクラスの選手が全く来なくなったこともあって、あまり言われなくなった。

そんなわけで中払のあのプレー(?)は、少し懐かしいというかまだやってんのか!?って感じだった。彼は32歳だということで、今の日本のサッカーの指導システムからはああいうプレーヤーは、もう出てこない気がする(福西も引退したし)。そう思うと結構貴重なプレーヤーだなと(笑)。

ちなみにアビスパサポーターのブログを少し見てみたけど、ほとんどあのプレーに言及していなかった。
ある程度容認しているということだと思うし、チームカラーがあるんだなと思った。
アルゼンチンカラーが染み付いているというか。
それはそれでありだなと思う。
対戦する分にはいろんな色のチームがあったほうが楽しいし。

ただ、札幌だったら例え自チームの選手であっても、絶対に容認はされないと思う。
そういう環境でプレーしているから、ダニーも安易に止めてしまったような気がする。
日本でもそういうプレーヤーがいるんだ!ってびっくりしたんじゃないかな。
自分のミスだとすぐ感じたと思うし、だからカードが出ても従順に従っていたんだと思う。

ちなみに、アビスパにはあと2回あたるわけですが、彼にとってはブーイングはなんの意味もないと思うし、せっかくの機会なんでこっちも色々と趣向を凝らしていじってあげたいなと思う(笑)

そういうのもサッカーの楽しみ方かなと。

| football | 17:52 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 17:52 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://us96.jugem.jp/trackback/631
トラックバック
ふぁーーーっくwwwwww
3Pウマすぎーー!!!!!あっもち二人とも女な^^ 俺完全にマグロ状態だったのに、5万ずつもらえたしwwwww てか、二人で俺のティンコ奪い合ってる時は興奮絶頂すぎたよーヽ(´ー`)ノ
| 途中の使者 | 2009/05/11 7:29 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
PROFILE
RECENT COMMENT
OTHERS
SPONSORED LINKS